カテゴリー別アーカイブ: 未分類

マチとチョウの話。

先日Tomの仕事関係の
うわさの酒呑みと初対面して
肉を重さでオーダーする店で
しもふり800g、赤身200gなんて乱暴な食べ方をし
シャンパン一本と赤ワイン2本で
すっかり酔っぱらった日のこと。
(後日:赤ワインは3本との訂正がTomより入る!)

その酒呑みが言うには
神田〇〇町にはほとんどが「〇〇ちょう」と読むのだが
「小川町」と「司町」だけは
「おがわまち」「つかさまち」と読むのだという。

調べてみたらこいつが本当で
彼曰く、「ちょうのつくところはもとは町民が住んでいて
まちは武家屋敷のあとなのサ」とのこと。
このことはまだ未確認なのだけど
なかなかおもしろい話なのだ。

おまけに神田は町名変更や区画変更を繰り返していて
そのたびに住民がいろいろ譲らずさわぎたてたという
歴史があるらしく
ある町は「一丁目がない」とか
「岩本町」と「神田岩本町」の両方あるとか
複雑なことになっているらしい。

それも江戸っ子のこだわりの性質がうかがえるところ
なのかもね。

肉屋まで移動中のこと
その酒呑みが信号の札をさしていう。
「あれ見て、訂正入ってるでしょう」

見れば、信号の文字、
たしかに上から文字が貼り付けられている。
「Tsukasachoって最初は書いちゃったみたいでね、
住民大怒りよ」
20140517-075006-00-X-E1

なるほど。
江戸っ子もシツこいよなぁ。

サーバーのメンテ。ビアサーバーだけどね。

初夏の風物詩といったところでしょうか。
Tomの会社のサーバーが開通。
いや開栓。

昨年毎日のように立ち寄って
掃除といいつつ、副産物をまんまといただくために
(いや次の日にみんながおいしいビールを飲めるように!)
メンテを教わったのだけど
すっかり忘れてしまったので
おさらい。

①流しで洗浄缶に水を2/3入れる。(ふたは「締めすぎ」とあるあたりまで締める)
②ガス圧を1.5にする
③レバーをあげて樽からはずす
④急いで洗浄缶に差し込んでレバーをさげる
⑤ビールを1杯弱つぐ
⑥バケツに替える
⑦何度か前後させながら水を通す
⑧はじけたら終わり
⑨樽の口を拭いておく
⑩レバーをあげガスを抜く(あげきらないといつまでもガスがでる)
⑪洗浄缶からはずしてすばやく樽に戻す
⑫この時レバーがさげない
⑬ごほうびビールをいただく♪

さっきから
外では雷が鳴ったり
雹が降ったりしてるみたいで
むしむししているのだけど
ちょうど営業マンがメンテに来てくれたとかで
facebookでは会社の人たちが
次々にビールの写真をアップ。
むかつくわ~。

なんでこんな時刻(ただいま15時です、念のため!)に
飲みながら仕事してんねん。
ベンチャーは自由やな。

まあ仕事してれば文句なかろうは
筋とは思いますがね。

あたしの心拍200発!

日曜は。

久しぶりに皇居まわりをロードで走る。
朝ヨドバシに寄って買った
心拍計をつけて。
花粉のマスクもしていたし
体調イマイチだったので20kmでストップしたけど
久しぶりの自転車楽し。
体にフィットしたウェアも。
あんな格好なんでするんだ?って思ってたけど
風の抵抗がまるでちゃいます。
走り疲れてお堀前でストレッチしてたら
自転車コースを見張ってる係のおじいちゃんから
「こうやった方が筋肉が伸びる」との忠告。
ほかのストレッチやら
寝たままするラジオ体操がいいだのご教示を受ける。
さすがこんなところの見張りをやっているだけあって
もとアスリート、いや現役で自転車だのランだの
やられているのだとか。
東京オリンピックもボランティアで参加したとかで
次のオリンピックにも意欲的でした、
すげーな。
教わったストレッチをやったあと
「ほんとに効果でるのは3日後だけどね、
まあ走ってみなさい」といわれたので
最後に皇居一周してみたら
登り坂がなんだか楽ちんに感じた。
ストレッチといいフォームで走るのが重要とのこと。
三角形のフォームってどんなんだろ。
ところで
はじめて計った心拍数なんだけど
最高212、平均186だった。
高いってことは鍛えられてないからだめなのか?
と思ったらTomいわく
良し悪しとは関係ないけど
とりあえず年齢行くと下がるから
その数字は若い!
といわれてうっしっし。
若い若い若い!
と、三回唱えてる時点でおばさんだな。
でもまあ
人と違うならそれをいかす方法を見つけたいな~。
なんとなくでしかスポーツやってこなかったけど
数字で現れたり
やってる人のアドバイスなんて聞くと
ちょっとやる気がでたりして。
ごはん食べたあとは
皇居に桜をさがしに。
まだ梅が咲いていて
桜は河津桜ってとこ。
こんなんもありました。
しなって、地面につきそう・・・
さあさあ今年も
花見の計画をたてねばね。
仕事してばかりでもしょうがない!

さよならビーフカレー

今朝、

冷蔵庫の奥に見つけたカレー。
タッパーの蓋をあけたら
そんなに前じゃないはずなんだけど
若干色変わってたので
その部分は捨て、
残りはTomが鍋で
あたためなおしてくれたんだけど。
昼にチンしたら
ふわっとヤバそうな臭いが。
さよなら。
臭いものにはそのまま蓋をして
おひたしと酢のものと
白いごはんで昼食。
炊飯器を購入してから
ごはんが美味しくなったのが
せめてもの救いだったけど。
たりないので
ストックしてあったしじみ汁と
タンネのお菓子を。
うー。
こんな時にはますます
食べたくなるのよね、カレーというものは!
日曜に3合炊いたごはんが
大抵木曜日にはなくなっているので
「今度から5合ぐらい炊こう!」と
提案したら
「たぶん3合くらいしか炊けない、
ふくらむから。」
と、Tom。
まあ冷蔵庫には
味噌漬けの肉とかしょうゆ漬けのぶりとか
あるんだけどね。
夜のうちに焼いておけばよかったな。
きのうは22時半近くまで
働いていたので
帰ったらTom製のチャーシュー載せの
ラーメンつくってもらって
レース観て寝ちゃったもので。
っていうか
カレーは冷凍せねばね。
季節的にも。
しかし
忙しい仕事中の少ない楽しみが・・・!
最近食べた美味しかったものでも思い出して
まぎらわす。
おとといあい津で食べたほたるいか。
くさみゼロ。
春だぁねぇ。

オニオン豆腐

外で食べて

これ、どうやってできてんかな~と
思うことはしばしばあるけど
このオニオン豆腐もそんなひとつ。
豆腐にさらし玉ねぎ、かつをぶし。
それにちょっとだし醤油系?
でも何かが足らんのよね。
と、思っていたら
Tomが教えてくれた。
ってか『あい津』のマスターから
ちゃっかり聞き出してた。
サラダ油を数滴。
なんだそう。
やってみたらば・・・
ほほう!
これはいけます。
個人の楽しみとしてやってみてください。
まずは完成形を知りたい方は
声かけてください。
一緒に『あい津』で呑みましょう!
追記:
後ろに映ってるとっくりなんだが
秋葉の「日本百貨店」の中にある
菊水のブースで買える
「生原酒」。
瓶売りもあるんだけど
とっくりを一緒にお買い上げして
次も持ってくと
継ぎ足しで少し安くなるというもの。
実際は衛生上の問題とかで
新しいとっくりに取り替えてくれるんだけど
なんてったってその場で詰めてくれるのだから
フレッシュなのなんのって。
美味くってつい呑みすぎちゃうので
お得と考えるかどうか。
でもワインと違って
一本で数日楽しめるので
我が家にはいいかも。

記念日は続く

紙婚式のハガキを書くのに

立春について調べていたら
偶然見つけた「立春朝搾り」というお酒。
日本名門酒会というところのしきりで
立春の未明に搾りあがったお酒をその日のうちに売ってくれるらしい。

有名酒蔵が名を連ねていて、わくわくしたのだけど
地図の通り、東京で買えるのは「澤の井」に限定。
そりゃそうだな、当日届けだもんね。
ということで予約しておいた
20時閉店の人形町の酒店に受取りに行くため
いつもよりは早めの19時にあがる。
仕事?
いいじゃん、結婚記念日くらい。
(って毎年使えるな、毎年忙しいはずだけど)
Tomと神田から自転車で駆けつけると
お店の中は角打ち状態で
お会計しながら紙コップに入ったそいつを試飲。
美味い~。
さすがフレッシュだね。
その足で日本橋方面に戻り
デパ地下はしごして
閉店間際のたたき売りで
1000円引のお寿司とか
200円とかあほみたいな値段の刺身とか買う。

この日は昼に雨降りという予報だったのだけど
自転車で通勤しておいてよかった。
結局でがけも帰りも降られず
行動に時間がかからずいい。
そんな天気のせいでデパ地下のたたき売りも
いろいろ残っていたしね!

家にたどり着いたのは21時前だっけ。
いつもなら会社にいる時刻。
思惑通りでいい気分なのだ。

早速口あけ。
美味しかった~~♪
これいいなぁ。来年も買おう。

デザートにはデメルのザッハトルテ。
あたしがね~チョコレートケーキ???
と、驚く輩も大勢いらっしゃるとは思いますが
完全にチョコは克服というか
「たまに欲しくなるもの」になってしまったよ。

ちょうど前々日に観た「プロフェッショナル」のケーキ職人は
デメルで修行したことがあるらしいのだけど、

チョコレートののばし作業がものすごかった。
このつやもきっとそのようにできているのでしょう。
ザッハトルテがこんなものだとは!
まだまだ学ぶことは多い・・・

節分とか立春とか紙婚式とか。

結婚式もやらず

友達と順繰りに呑んでる間に
1年が過ぎ。
年賀状も書く時間がとれず
ご挨拶の機会もなかったので
最後のチャンスと思い
がんばってみた。
Tomの写真を利用して
結婚報告はがきのサイトとか試してみたけど
なんとなくしっくりこず。
結局自分で絵を描いてみた。
ネットで見つけた絵をアレンジしたのだけど。
つたないラインで描いていたら
TomがPCで色塗って、柄スタンプしてくれ
(あたしのシャツは★SAPPOROとある)
プリントもささっと。
あとは得意の宛名書き。
ってか好きなんだよね~。
住所を書きながら、あの辺かな?と
地図を想像してみたり
人の名前とか使われてる漢字とか、
覚えてる方だと思う。
かつては何百枚も書いていた年賀状、
メールしか知らない友達なんかも増えて
書かなくなってしまったけど
あいさつ状という形でご無沙汰な人たちに
わびつつ連絡できて
しかもメールやコメントなんていただけると
ほんとにうれしい。
2枚ほど住所不明で返って来たのもあるけど
思ったよりは少ないし。
何とかつながれた人たちとの関係は
大事にしないとね、と
あらためて。
で、遅ればせながら。
結構前から、節分には恵方巻を食べる習慣のあるTomが
いつもは『あい津』に特注して巻き寿司を作ってもらって
会社でやっていたらしいのだけど
人数がわからず中止になったので、と言って
我が家用にと、学士会館の『二色』の恵方巻を
買ってきてくれた。
チャンス(?)は一回なので
あらかじめ注意事項をいろいろと確認してから。
途中で止まったり、お茶を飲んでもいいらしいのだけど
とにかくしゃべってはいけないとのこと。
今年は東北東だというので
壁に向かい
二人で無言で食べること
5,6分。

がんばった~。

結構高いものだし、美味しいので
大事に食べたいのだけど
どちらかといえば
こぼさないよう食べきる方に力を注いでしまったよ。
でも海老がきいていて美味しかったな~。
しっかり一食分あったけど
豆もね。
食べなきゃね。
先月行った京都で買った上賀茂神社の福豆と
二色でおまけにもらった福豆。
軽く豆まきしたあと
結局両方食べてしもた。
豆好きなもんで、別バラ。
正直『二色』の方が美味しかったけど
上賀茂さんのバチがあたるので
ちょい古かったのか?という解釈で。
福はうち、福はうち。
追伸:毎年恒例なのだけど、パートさんがごちそうしてくださる
鶴屋吉信の「福ハ内」というお菓子が
何ともしあわせな「顔」のようで
好きなんだな。
今年もいただきました。
そして毎年のように
このお菓子に
なんとなく似てる
Y子にメール。